【本のエネルギー✨】

皆さん、こんにちは!

先日、本の神様にご挨拶してきましたウインク

えっ、何それ❗と思った皆さん‼

私も初めはそう思いましたから、大丈夫ですよ照れ音符

少し説明しますと、本とは先人達の知恵や経験が詰まったものです。私達の悩みも、どの本かには解決方法が書いてあるそうです。

だから、本の神様にご挨拶しておくと、いざと言う時に何かの形で助けてくれると言うお話。

と言う事で、本好きの私とパートナーは初めてランチをした日に、本屋巡りをする日を決めていたのでした。

本屋には、古本屋と、新書を扱う本屋の2種類があります。

私の感覚だと、古本屋の本達は、専門書が多いと言う事と、以前の持ち主の想いが籠っているので、重たい感情もあれば、大切にされている本は輝いているように見えました。

表参道の古本屋さんは、私が興味のある本に呼ばれたような感覚がして、手にとる本全てが興味深いものでした。

古本屋街で有名な神保町は、一軒ずつ色合いがはっきりしていて驚きました。

あるお店は、純日本文学のみ、あるお店は書道の本のみ❗❗

以上❗(^-^;

すご過ぎる❗

半端ないエネルギーでした。

一方、新書は古本のように誰かの手を経由していないの軽くて綺麗なエネルギーでした。

ただ、内容によっては好きな雰囲気、苦手なもの、重たいものもありますね。

例えば私が好きな弘法大師空海さんのコーナーは波動が高くて居心地がよく、精神疾患や戦争関連のコーナーは重くてしんどかったです。

本の神様への挨拶の方法は、本達に手をかざして、ご挨拶をして、何かの時にはよろしくお願いします。ありがとうございます。と唱えるだけ。

パートナーは、結局、神保町で一番大きな本屋さんの1階から8階までを5時間くらいかけて、めっちゃゆっくりと挨拶をして回っていました。私は途中参戦しました。

皆さんも良かったら、本のエネルギーを感じに書店へ行ってみてください。

きっと新たな発見があるはずですよ口笛音譜ラブラブ

The following two tabs change content below.
星名美幸
元消防士で、一児の母。
救急隊として沢山の人のお話を聞いてきた経験を活かし、カウンセラー、マインドブロックバスターのインストラクターを経て、2018年8月8日からは宝石も取り入れたカウンセリングをお仕事をしています。

私は、30代の女性が自分らしく生きて楽しく、恋愛から結婚、出産、子育てをして、幸せな家族を創っていくことを目指しています。

2018年8月からは、同じ思いを持った同志が集うコミュニティー運営に力を入れていきます。

コメントを残す