【帝王学を愛する彼✨②】

こんばんは、佐藤美幸です。

前回の投稿について、沢山の感想を頂きました照れラブラブ

ありがとうございます爆笑音譜

前回のお話を読んでない方はこちらからどうぞダウン

ここ

最初は、帝王学について書こうと思いましたが、そこは余り重要では無いことが分かりましたので、興味がある方は読んでみてください❗ニコニコダウン

帝王学とは

さて、前回のつづきです。

彼が、ぽつりと言った一言。

「俺は母親に、もっと厳しく育てられたかった。自分は優し過ぎるから、これまで学んできた『帝王学』の理想の姿とギャップがあるから。」と。

帝王学を簡単に説明すると、世の中には支配する側とされる側があり、帝王学的には支配する側の教えだそうです。

会社の経営者や政治家、古くは中国を統治する際に使われたマネジメント学だそうです。

さて、この内容を聞いて、彼の本質を見てみると、どう考えても相容れないものを感じました。

なぜか

だって彼は、とっても優しいし、努力家、友達が沢山いて、余り誘いを断らない程人付き合いが良いニヤリ

人から相談されると、親身になって応えてあげる人。

寂しがり屋の私の事を気遣って、熱が出ていても一日一回はメッセージをくれるくらい。

そんな彼が、人を支配するなんて似合わない

だから私は彼に伝えましたニコニコ

「あなたはね、力とかで人を支配するんじゃないんだよ。だって、人との繋がりを凄く大切にしてるでしょ?

だから、既にあなたの周りには人の和が出来ていて、沢山の人がファンになってるはずだよ。これも十分、あなたの言う支配になってると思うんだけどなぁ。」と。

彼は納得がいかないらしく、ブツブツ言ってましたがチューあせる

本当に興味深い人であり、愛されるべき存在だと思いますウインクラブラブ

つづく

The following two tabs change content below.
星名美幸
元消防士で、一児の母。
救急隊として沢山の人のお話を聞いてきた経験を活かし、カウンセラー、マインドブロックバスターのインストラクターを経て、2018年8月8日からは宝石も取り入れたカウンセリングをお仕事をしています。

私は、30代の女性が自分らしく生きて楽しく、恋愛から結婚、出産、子育てをして、幸せな家族を創っていくことを目指しています。

2018年8月からは、同じ思いを持った同志が集うコミュニティー運営に力を入れていきます。

コメントを残す