【人間は体験をしたい生き物☆自分に体験させよう!☆】

こんばんは!

 

青龍神セラピストの星名美幸です!

 

ブログを読んでいただき、ありがとうございます!!

 

 

私は現在、facebookを使って、自分の秘密のグループの運営や

 

スターシードが目覚めるために必要な情報発信を

 

メインで行っています。

 

 

私の個人 facebookのアカウントはこちらです。

 

最近、無言の友達申請が後を絶ちません。

 

友達申請される際には、一言「ブログを読んできました」

 

などのメッセージをお願いします。

 

星名 美幸 facebook

 

 

ようやくブログでも大々的に表現する時期が来たと思うので、

 

こちらでも情報開示していきます。

 

 

このブログでは、本気でスターシードとして自分の魂の望みを

 

叶えたい方、願望実現したい方へ向けての

 

情報を、これまで以上にお伝えしていきます。

 

今日は、【人間は体験をしたい生き物☆自分に体験させよう!☆】

 

というテーマで書いていきます。

 

あなたの背中が一歩押されて、

 

新しいスタートが切れたら嬉しく思います。

 

最近の4歳の娘の口癖なのですが、

 

「自分でやりたい」

 

「全部自分で」

 

いつもどんな時でも娘はこの言葉を言っています。

 

自分が出来ようと、出来まいと、とにかく

 

自分でやってみたいようです。

 

これは、親としては時間が無い時は

 

とにかく厄介で、時間はかかるし、

 

時には物がこぼれるし、保育園には

 

遅刻しそうになるし。

 

いつも付き合うことは全然出来ていません。

 

ふと、このブログを書こうと思ったのは、

 

そう言えば人間が産まれて来る意味の

 

一つって、自分で体験することだったよな

 

と思ったからでした。

 

私たち人間が、わざわざ肉体を持って

 

この地球にやって来た意味について、

 

あなたは考えた事があるでしょうか?

 

 

私は、結構小さな時から

 

「自分が何のために生まれて来たのか?」

 

「何をしたくてここに存在しているのか?」

 

ということを漠然とながら考えている人間でした。

 

なぜそうなったのかと言うと、端的に言えば、

 

自分が生まれ育った環境が自分にとっては

 

苦しく、つらい場所であり、自分らしさを

 

出すことが出来ない時期が長く

 

続いていたからでした。

 

一番最初に自分の中で制限が出来た記憶は、

 

2才9か月の頃に弟が生まれた時です。

 

弟と言う新しい存在が生活に現れてから、

 

私には「お姉ちゃんの呪縛」が生まれます。

 

これまで当たり前に出来ていた事や、

 

やっていたことに対して、制限をかけられたり、

 

「お姉ちゃんなんだからしっかりしなさい」

 

「お姉ちゃんなんだから、我慢しなさい」

 

「お姉ちゃんは最初に生まれたんだから、良い想いを

 

してるのよ」

 

などという、身に覚えがない言葉やフレーズを

 

母親から言われるようになります。

 

当時は本当にしんどかったし、どれだけ頑張っても

 

報われない事に対して、絶望感のようなものも

 

感じていました。

 

次に私にとって大きな転機になったのは、

 

小学2年生の頃の事。

 

小学校に上がる前に、新築の家を建てて、

 

新しい土地へ引っ越しをして、その直後に

 

父親が隣の市へ転勤することになりました。

 

この時は親の判断により、父親だけが単身赴任する

 

ことになり、私は母親、弟の3人での生活を

 

余儀なくされました。

 

あの時の感情は、毎日寂しくて泣いていたりし、

 

なぜ大好きなパパと離れなくてはいけないのか

 

理解も出来ませんでした。

 

孤独感と、自分の味方が近くからいなくなってしまった

 

という絶望感をいつも感じながら生きていました。

 

娘と同じように小さな時ってどんなだっけなと、

 

思い出してみると、ほとんど楽しかった思い出

 

よりも、つらかったことの方が思い出されます。

もしかして、そのつらかった体験すらも、自分で

 

家族を選んで、ちょっとハード目モードだけど、

 

体験してみたかったことなのかもしれないな、

 

と思ったりするのです。

 

今日は、私の父親の19回目の命日なのですが、

 

父親の事は大好きだったけど、小学2年から

 

19歳くらいまで離れ離れで、父親との

 

思いでもほとんどない人生でした。

 

だけど、今の方が父親に意識を向けて

 

コンタクトが取れるような気がするし、

 

月日が経ったということだけではなくて、 

 

今の方が身近に感じられていたりします。

 

私の人生の前半は、孤独感や絶望感が強いものでしたが、

 

そこで自分の魂を大きく成長させたのかもしれない。

 

もしも自分が結婚して、子供が出来たとしたら、

 

自分の子供には体験させたくなかったことが、

 

家族がバラバラで生活する事であったり、

 

「お姉ちゃんの呪縛を作ること」であったり、

 

旦那さんと離れた生活をする事であったり、

 

仕事に翻弄されて家族が崩壊するような

 

環境は回避したかった。

 

今のところは、自分が選択した道は

 

全く間違っていなかったなと感じています。

 

自分が嫌だなと思ったことは現実にはなっていない。

 

それは、つまり自分にとっての理想の状態を

 

充分に思い描いて、家族を持ったという事と、

 

日々自分が望む理想の状態に意識を

 

向けて生活しているからかもしれません。

 

話が少し逸脱してしまいましたが、

 

娘をみていると【人間は体験をしたい生き物☆

 

自分に体験させよう!☆】というフレーズが浮かんできて、

 

改めてこれを読んでくださっている大人のあなたにも

 

お伝えしたいと思いました。

 

自分にとって、幸せであっても、悲しい出来事であって、

 

結局は自分が体験したい出来事であって、

 

もしかしたらその体験をしたくて生まれてきたの

 

かもしれません。

 

どんな体験にも、価値があるように思います。

 

人間として生きていたら、いろんな出来事や

 

感情を味わいます。

 

それこそが、私たちが生きている意味の

 

一つなのかもしれないなと、この文章を

 

書きながら感じました。

 

 

何か気付きや、感じるものがあれば嬉しく

 

思います。

 

コメントもお待ちしています(#^.^#)

 

 

おススメの記事☆

 

 

 ☆【あなたの人生を好転させる3つの秘訣☆

 

 

【スターシードのための スピリチュアル初級講座☆

 

 

【スピリチュアルな能力を開花させるための3つのポイント】

 

 

【宇宙的な覚醒のステップ☆

 

 

【スピリチュアルが好きなあなたに 一番初めにやって欲しい3つの事

The following two tabs change content below.
ポジティブなエネルギーで満たし望む未来にあなたを導く青龍神セラピスト
元消防士。第2子妊娠中。
4歳の娘の育児と、スピリチュアルな能力を遣いながら、内面を整え・意識を書き換えることで、ポジティブなエネルギーで満たし地に足をつけて望む未来にあなたを導く青龍神セラピスト。

2021年3月からは、スターシードが魂で生きるサポートするコミュニティー運営に力を入れていきます。
ポジティブなエネルギーで満たし望む未来にあなたを導く青龍神セラピスト

最新記事 by ポジティブなエネルギーで満たし望む未来にあなたを導く青龍神セラピスト (全て見る)

コメントを残す