【そっと心に寄り添える人でありたい☆】

皆さん、こんにちは!

宇宙系宝石セラピストの星名美幸です。

今日は、とあるグループでお話をしている中で思った事について書いてみようと思います。

お題は、【そっと心に寄り添える人でありたい☆】です。

私たちは、産まれてから、生きていく中で大人や学校教育で、「正しい」とか「間違っている」という概念を教えられてきました。

 

今の私は、本当は「正しい」とか「間違っている」という基準すらも誰か他人が勝手に作ったものなので、いらないもの、関係ないものって感じます。

 

今日お話しした方は、主婦なんだけど、ボランティアで不登校の子どもと話す事があるって言ってました。

その方は、とてもフラットに人を見ていて、優しい雰囲気と、穏やかなエネルギーを感じる女性でした。

 

その方が言っていたのは、「私には不登校の彼女の良さがすごく分かるし、周りの人からそんなの叶わない!って言われたとしても、ちょっと出来るって思うだけでも良いんだよ。ってアドバイスしてるんす。そしたら、不登校の女の子に声をかけてあげただけで、勝手に夢が叶っているんですよね。」とお話しされていました。

また、「私が何かしている訳ではないんだけど、何で他の人は不登校の彼女の良いところが分からないのかな?」とも話されていたんですよね。

これって、客観的に話を聞いていたり、分析してみるととても明快なことなのですが、主婦である女性が不登校の女の子に対してジャッジや固定観念を持たずに話を聞いているということと、ただ女の子の心に寄り添って話を聞いているということなんですよね。

もしかすると、多くの大人が、「子供だから」とか「学校に行けてない不登校だから」みたいに、何らかの色眼鏡で女の子を捉えているということによって、逆に女の子の潜在能力が発揮できていない状態なのかもしれません。

 

私は子供の頃からいつも思っていたのですが、なぜ大人が言っている事が「正しく」て、子供は分からない、理解出来ないとか「間違っている」みたいに扱われるんだろうって疑問でした。

 

そういう大人の態度がすっごく居心地が悪くて、逃げたくなったこともあるし、心のシャッターを下ろしてしまったり、自分の本音を言っても理解してもらえないって思って、長い間人に本音を言わずに生きてきた歴史があります。

 

最近、私が体験したことで言えば、自称霊能力があるという方とお話をした時に「思ったことははっきりと相手に伝えなくちゃダメよ。あなたの殻が破れないわよ」と言われたことがありました。

そして、その女性は彼女が思った事をそのまま言葉として私にぶつけたのです。

 

この体験は、私が幼少期に母親から受けた言葉の投げ方と同じだったので、インナーチャイルドの私は恐れを感じて、怖くて、心のシャッターを降ろし、「良い子」のように黙って話を聞くしかなかったのです。

 

私はNLPという脳科学・心理学を扱ったものを学んだことがあるので、その観点から言うと、「思ったことをはっきりと相手に伝える」事は大切かもしれませんが、人には3つのタイプがあります。

視覚優位タイプ、聴覚優位タイプ、体感覚優位タイプというように3つのタイプそれぞれで、相手に響きやすい言葉も違うし、相手が受け取りやすいフレーズも異なります。だから私が心がけている事は、相手が受け取りやすいであろう言葉を選んでお伝えすることです。

 

私はやっぱり気心が知れている人であっても、心に土足で踏み込まれるように、ただ「思ったことをはっきりと言う」事が良いとは思えないのです。

 

人には、強い部分も、弱い部分も、過去のトラウマになっていることも、得意なこと、不得手なこと、いろいろあります。

私が思うことは、霊能力があるかどうかはともかくとして、人の心に寄り添えるのかどうかは大切な事だと思っています。

これって、シンプルに「思いやりがあるかどうか」ってことですよね!

 

先に書いた主婦で、不登校の女の子をお話を聞いている方は、きっと人の心にそっと寄り添ってあげることが上手で、相手の女の子にとっても心のよりどころの一つなのではないかな、と話を聞きながら思いました。

 

私も、まだまだ人として未熟ですが、過去の自分のように人間関係で悩んでいたり、自分の気持ちにすら気がつけなくなっている人の心にそっと寄り添えるようなセラピスト、カウンセラーでありたいと思います。

 

現在、インナーチャイルドのインナーチャイルドの癒しが必要な方が多いので、こちらのサイトでセッションを受け付けています。

【期間限定】インナーチャイルドヒーリング

 

必要な方に届きますように。

今日も読んでいただいてありがとうございました!(*^^)v

The following two tabs change content below.
星名美幸
元消防士で、一児の母。
救急隊として沢山の人のお話を聞いてきた経験を活かし、カウンセラー、マインドブロックバスターのインストラクターを経て、2018年8月8日からは宝石も取り入れたカウンセリングをお仕事をしています。

私は、30代の女性が自分らしく生きて楽しく、恋愛から結婚、出産、子育てをして、幸せな家族を創っていくことを目指しています。

2018年8月からは、同じ思いを持った同志が集うコミュニティー運営に力を入れていきます。

コメントを残す