【妊活を頑張りすぎたあなたへ☆】

皆さん、こんにちは!

星名美幸です。

今日は「妊活を頑張りすぎたあなたへ」というテーマで書いてみたいと思います。

まず始めに、お伝えしたいことがあります。

これまで良く頑張って来ましたね!

子どもが欲しいという思いがあって、きっとあなたはとても真面目な人だから、これまで一生懸命妊活に取り組んできたんだと思うんです。

もしかしたら、妊婦さんをみるとうらやましく思ったり、何で私には赤ちゃんが出来ないんだろうとか悩んだり、自分を責めたりしてきたかもしれませんね。

 

まずはそんなあなたを、自分自身でたくさん褒めてあげてください!

私はよく頑張ってきたよね。

身体に良いって事があったらやってみたし、食生活にも気を付けて来たし。

そんな感じで自分がやってきたことを思い浮かべてみると良いかもしれません。

 

それが終わったら、ちょっと一休みして、自分が好きな事を思いっきりやってみてください。

例えば、あなたが自然の中に旅行に行くのが好きなら、ご主人と一緒に行ってみても良いし、温泉が好きだったら温泉に行くのも良い。

私だったら、一人カラオケが好きだから一人でカラオケに行って3時間くらい歌ってみるかも知れないかな。

 

そんな風にして、まずは自分自身の心と身体がホッとすることをたくさんやってみてください。

そして、日常的に自分の心と身体がホッとできる環境や場所、人と一緒に出来るだけ過ごす。

 

ここからは、私の勝手な考えなんだけど、そうやって自分の心地よいをたくさん積み重ねて行ったら、そのうちベストなタイミングで赤ちゃんはあなたの元にやって来てくれるんじゃないかな、って思うんです。

もしも、あなたのところに赤ちゃんが来る定めなら、遅かれ早かれ赤ちゃんはやってきます。

そして、赤ちゃんってゆうのは、お母さんの笑顔が大好きで、お母さんを幸せにするために来てくれるって聞いたことがあります。

 

だからね、どうか自分の心と身体を大切にしてもらいたいなって思います。

 

お母さんと、お父さん。そして、赤ちゃんがやって来られる環境が整った時に、きっと出逢えるから。

それともう一つ。

 

妊活って言うのはね、ネットで調べてみたら

「妊娠についての知識を身に付けたり、妊娠にあたって自身の身体の現状を把握するなどといった活動。」

って書いてありました。

 

私は、これだけでは不十分だなと思うんです。

なぜかと言うと、妊娠して、子どもが生まれるっていう事は家族が一人増える事。授乳したり、おむつを替えたり、あやしたり、そういう具体的なこともイメージ出来たら良いのではないかな、と思う訳です。

身近で小さなお子さんがいるなら積極的に関わらせてもらったり、電車に乗った時なんかにも小さなお子さんのお母さんとお話ししてみても良いと思います。

1歳に満たないくらいの小さなお母さんが電車に乗っている姿をたまに見るとね、すごく申し訳なさそうにしていたり、赤ちゃんが泣かないようにって気にかけていたりするものなんです。

私自身がそうでした。

そんな時に、幾度となく周りにいた人から

「赤ちゃんは泣くのが仕事だから良いのよ」

「可愛いねぇ、いまいくつ?」

なんて話しかけて貰ってホッとしたことがあります。

そんな風に、小さい子と接する機会って自分で創ろうと思えば作れたりするものなんですよね。

だから、子どもが欲しいと思うのなら、人の子供でだってイメージトレーニングすることは出来るって思うんです。

自分の子供を抱いたらどんな気分かな、とか幸せそうな妊婦さんと出逢ったならいろいろ聞いてみても良いかも知れないですね。

今日私がお伝えしたかったのは、こんな感じです。

良かったら過去の記事も下にリンクを貼ってみたので、興味のあるものから読んでみてくださいね!

今日もお読みいただきありがとうございました。

今日も素敵な一日を(*^。^*)☆

 

妊娠・出産・子育て 関連記事

【この世に産まれ出でたい魂のママとパパへ✨】

【子供が欲しいと頑張っている人へ✨】

【子供が出来て感じたこと✨】

【子育て 普通ってなあに?✨】

The following two tabs change content below.
星名美幸
元消防士で、一児の母。
救急隊として沢山の人のお話を聞いてきた経験を活かし、カウンセラー、マインドブロックバスターのインストラクターを経て、2018年8月8日からは宝石も取り入れたカウンセリングをお仕事をしています。

私は、30代の女性が自分らしく生きて楽しく、恋愛から結婚、出産、子育てをして、幸せな家族を創っていくことを目指しています。

2018年8月からは、同じ思いを持った同志が集うコミュニティー運営に力を入れていきます。

コメントを残す