【ゼリツィン®のエッセンスの特徴について✨】

皆さん、こんにちは❗

星名美幸です。
 
私は先日、お友達に誘われてとあるフラワーエッセンスの体験セミナーに行きました。
 

 
ここからは、私の一部個人的意見が入ります。
 
体験会では、このフラワーエッセンスがどのように作られているのか、どのような効果効能があるのか、体験談として子宮の病気が治った人がいる、フラワーエッセンスに薬用成分(花の蕾には成長ホルモンが沢山含まれているそうです。)を入れた素晴らしいものだと言うことを話されていました。
 
途中で流された、そのエッセンスのイメージビデオは、フランスの草原で黄色の小さなお花達を、職人さんが笑顔で摘んでいくというものでした。
 
ここで、私の中には2つの違和感がありました!
 
1つは、そういうフラワーエッセンスなどを日本では薬事法の関係で医薬品として扱うことが出来ません。だから、そのエッセンスで治りますと公のセミナーで伝えている事に抵抗を感じました。(私が質問するまで、代表の方はその事に触れませんでした。)
 
もう1つは、笑顔で花の蕾達を大量に摘んでいると言うところ。
この花を、例えば魚やお肉に置き換えてみると、栄養が有るから笑顔で搾取するってなります。
なんか違和感があります。
 

 

 
私が扱っているゼリツィン®エリクサーの開発者、ゼリンさんは、元々フラワーエッセンスと宝石療法をされていたのですが、いつからかお花などの植物を搾取する事に抵抗を感じたそうです。
 
それで、自生している花の場所を特定し、フランスの清水に花と宝石のエネルギーを転写させたゼリツィン®のエッセンスが創られました。
 
エネルギーを転写する際の象徴的なお話があります。
私はこの話が大好きなので、対面セッションに来てくださった方にはお伝えしています。
 
松のエネルギーを転写させる時、ゼリンさんは手に水瓶を持ち、3mの松の木にかけた梯子を登っていきます。そして、松の方からエネルギーの転写が終わった合図を受け取ると、下まで降りて、水瓶の水の半分は松の木の根元に感謝とともに還して、残りの半分を瓶に詰めてドイツや日本の私達の元へと送ってくださっているそうです。
 
ゼリンさんと、花と宝石の純粋な想いが籠ったエッセンスだからこそ、多くの人の心を癒しているのかも知れません。
 
私がエッセンスをお分けする時には、必ず日本での薬事法についてはふれるようにしています。
それは、私とクライアント様、クライアント様とエッセンスの依存関係が生まれる事を防ぐ事にもなると思います。
 
前出の体験会でも、実際、アトピーで長年ご自身でいろんな治療に取り組まれて来た女性がいました。その女性と代表との会話は、エッセンスを飲めば治ると言うことで進んでいました。そこには、依存関係が成り立っているように感じました。
(アトピーについては、一概には言えませんが、過去世のカルマの影響である場合もあります。これはまた、そのうち。)
 
お金儲けの為には、リピーターがいてくれると良いのかも知れません。でも私は、エッセンスなどは所詮、本来の自分に戻るための助けになる道具だと考えています。
 
はじめはエッセンスの助けを借りながら、いつかはそれも要らなくなったら良いなと思います❗(*´∀`*)
 
道具とは、対等に付き合える事が大切ですね。
 
以前の私も、宝石のエネルギーに助けられながら、ここまで来ることが出来ました❗
はじめは宝石のエネルギーに依存していたのかも知れません。
自分に自信が無くなり、人間関係も何もかも最悪な頃でした。
 
そこから、自分本来の力を取り戻し、今は宝石ともゼリツィン®のエッセンスとも、楽しみながら仲良く過ごせるようになりました。
 
私は、ゼリンさんの想いに共感し、このエッセンスに出逢えて本当に良かったなと思っています。
たくさんの方がこのエッセンスの助けで、自分本来の力を取り戻し、軽やかに歩まれて行く事でしょう。
 
私は、このエッセンスとあなたの橋渡しの役割を担っていると思っています。
 
たくさんの必要な方に届きますように。
今日も良い一日を(*^^*)✨
 
The following two tabs change content below.
星名美幸
元消防士で、一児の母。
救急隊として沢山の人のお話を聞いてきた経験を活かし、カウンセラー、マインドブロックバスターのインストラクターを経て、2018年8月8日からは宝石も取り入れたカウンセリングをお仕事をしています。

私は、30代の女性が自分らしく生きて楽しく、恋愛から結婚、出産、子育てをして、幸せな家族を創っていくことを目指しています。

2018年8月からは、同じ思いを持った同志が集うコミュニティー運営に力を入れていきます。

コメントを残す